「占い師」という資格は存在しません。では、どうしたらなれる?学校に通わないといけない?そんなあなたに占い師になれる方法をお教えします。

占星術のイメージ

■「占い師」と名乗ってしまえば占い師
団体によっては資格を発行しているものもありますが、開業をするのに必要な資格や免許、試験などは存在しません。しかし開業をしても知識がなければ意味がありません。

プロになるためにはやはり勉強が必要です。

■どれくらいの期間があればなれますか?
実際に占いに行かれたことのある方はわかると思います。占い師によって、経験の浅い方とベテランの方、ものすごい差が生まれています。

せっかく足を運んでくれたお客さんのため、為になる占いがしたいですよね。そこでプロとして通用できるようになるための勉強方法をお伝えします。

■占いを学ぶ有意義な方法
占い師として知識を付けるためには様々な方法があります。そこでオススメしたい3つの方法をご紹介します。

<尊敬する先生の下へ弟子入り>
有名な先生や一度占ってもらい相性の良かった先生など、その方の下で勉強させてもらうことです。占いは知識を付けても、実践がないとなかなか磨いていけません。

そこで弟子入りは賢い選択肢の一つと言えます。

<専門書を買い込んで黙々と独学>
書店に行けばかなりたくさんの関連書籍が売っています。片っぱしから読み漁れば、かなりの知識が身に付きます。自分の手を例に挙げて、知識を落とし込むのは大変難しいので、友人や家族の手も見せてもらいながら身体に染み込ませて行きましょう。

<占いスクールに通う>
最近では占いスクールの数も増えて来ています。かなりまとまった金額が必要なところから、比較的手頃なところまで様々です。

自分に合ったスクールを探して下さい。同じ夢を持つ生徒同士で意見交換できるメリットも大きいですよ。

■年齢を増すごとに味の出る職業
占い師とは、年齢とともに経験値や専門知識が蓄積していきます。興味本位で始めた占いの勉強でも、将来あなたの人生を大きく変える武器になる日がくるかもしれません。